一般論としては年金を担保に融資を受けることはできませんし、年金を担保に融資を受けるべきではありません。

何故なら年金で暮らしている高齢者にとっては、年金が無くなると老後の生活資金が無くなってしまいます。

しかし、何かの事情で高齢の主婦が急にキャッシングが必要なった場合、金融機関で主婦キャッシングすることはできません。

消費者金融を含むどこの金融機関でも、65歳以上の高齢者はキャッシングの対象にはなっていません。

そこで、高齢者のためのラストリゾートとして、独立行政法人「福祉医療機構」が年金担保貸付を行っています。

貸付の条件は高齢者が医療・介護・福祉・住宅改修・冠婚葬祭などで急に資金が必要になった場合で、融資金額は10万円~250万円の範囲内で返済期間は2年6ヶ月以内・融資の利率は年率1.6%で連帯保証人が必要です。

しかし、この貸付制度を利用すると、完済するまでは毎月の年金は返済に充当されます。

従って、その間の生活費をどうするのか、或いは、短期の資金需要でキャッシングして直ぐに完済するなどの計画的な利用が前提となります。

それらの条件が揃った場合には、国の期間が年率1.6%で融資してくれるメリットはあると言えます。

但し、独立行政法人「福祉医療機構」以外には一切認められてはいない制度ですから十分な制度の理解が必要です。



おまとめローンの審査に最初に落ちる人は、過去の返済履歴に問題がある人です。

つまり、過去の住宅ローンやカードローンの返済実績や、クレジットカードの支払い実績に問題が有る人です。

また、延滞に留まらず任意整理・民事再生手続・自己破産手続に至った場合も審査を通過できません。

それらの延滞履歴や事故履歴は全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関に、最低5年間記録されていますからごまかしは効きません。

また、5年以上経過していても融資するか否かは業者の判断です。

次に審査に落ちる人は借入金総額が年収の1/3を越えている人です。

借入金総額に対する総量規制の導入で、信販・クレジット会社や消費者金融会社では借入金総額が年収の1/3を越えることはできません。

そして、おまとめローンの審査で次に大事なポイントは、勤務先状況・家族状況・住居の状況です。

この段階では勤務先や住所で在籍確認が取れなかったケースや、勤続年数が短い・入退職を繰り返している・フリーター・パート・アルバイト・風俗関係・ギャンブル関係の会社の場合は審査をパスできないケースが見受けられます。

更に、申込時の自己申告内容に間違いが有った場合は、故意ではなくても審査を通過できない場合があります。

おまとめローン審査の場合はミスは許されません。

おまとめローンの業者から見た時に、最も審査ポイントの高い人は勤務先が安定していて給料や地位が安定している人です。

その上、住んでいる家が自己所有で妻子持ちであれば、審査のポイントは最高水準になるでしょう。

この様な条件に最も近いのは、公務員か上場企業の社員です。

つまり、銀行・信販クレジット会社・消費者金融会社から見た場合、最も理想的な顧客像は家や財産が有る公務員か上場企業の社員です。

この様な条件の人が一時的にキャッシュが足りなくなった場合は、業者はいくらでも融資したい訳です。

また、この様な条件の人には、いつまでも借りていて欲しい訳です。

つまり、この様な顧客像が最も審査に通り易い人で、現実的には業者にとっては最優良顧客なのです。

従って、おまとめローン審査にパスする人は、この様な条件に近い人ということになります。

例えば、半官半民の団体職員や政府・地方自治体系の団体や企業や民間の中堅企業や新興企業などです。

そして、必ずしも上場企業ではなくても、経営がしっかりした企業の正社員であれば問題ありません。

そして、中小企業の場合は、経営者よりも社員の方が審査ポイントは高くなります。

何故なら、中小企業経営者は会社の倒産リスクも背負うことになりますが、社員は関係ないからです。



おまとめローンの審査でも在籍確認の電話は掛かってきます。

おまとめローンの場合は通常のキャッシングやカードローンの申込よりも、融資金額は大きくなることが多いのです。

従って、職場と自宅への在籍確認の電話は必ず掛かると思っておいた方が良いでしょう。

只、勤務先の同僚や家族が不信感を持つ様な掛け方はしません。

個人名で申込者の在籍を確認するだけです。

そして、通常のキャッシングやカードローンの場合は配偶者や家族に内緒で借りる場合の配慮をしてくれますが、おまとめローンの場合は金額も大きくなりますし多重債務の状態でもありますから配偶者や家族に内緒にしない方が良いと思われます。

従って、在籍確認電話は申込者の現在の状況を確認するためと、申込用紙に書かれた内容に間違いが無いかを調べるために勤務先と現住所への在籍確認が行われます。

一般的に勤務先に対しては、女性が個人名で営業電話の雰囲気で電話を掛けてきます。

また、自宅には申込者が男性の場合は男性が、申込者が女性の場合は女性が個人名で電話を掛けてきます。

業者によっては勤務先と自宅の両方に在籍確認電話をする場合もあれば、どちらか片方だけの場合もあります。

そして、勤務先と自宅の在籍確認が取れた場合は、審査は次のステップに移ります。

通常、カードローンの審査で最も重要視されるポイントは、他社の借入件数とローン残高及び過去の返済履歴です。

申込者のそれらの過去の信用情報は、全国銀行個人信用情報センターなどの個人信用情報機関に日々刻々の個人のデータが全て記録されています。

つまり、いつ何処で幾ら借りていつ返済したかが個人別に全て記録されており、もし、延滞があれば延滞情報として記録されています。

従って、おまとめローンの審査の場合は、特に、他社借入については借入先や借入金額を正確に把握していることが重要です。

つまり、本人の申告と個人信用情報機関の記録が一致しない場合は審査をパスできない訳です。

勿論、信販・クレジット会社や消費者金融会社のおまとめローンを利用する場合は、前年の年収の1/3以内に収まっていなければなりません。

もし、この時点で総量規制や過去の返済履歴で問題があれば、その時点で審査は打ち切られます。

次に、将来の返済に問題がないかが審査の重要なポイントとなります。

つまり、申込者の勤務状況・住宅状況・家族状況です。

特に、勤務先の業種や規模・申込者の地位や職種・年収・勤続年数などが、在籍確認の電話を含めてチェックされます。

また、持ち家なのか賃貸なのか・居住年数・家族状況などが自宅への在籍確認が必要になるでしょう!審査が不安な場合はレイクのお試し審査をご利用下さい!

消費者金融会社のおまとめローンの申込手順の特長は、とにかく審査が早いことです。

おまとめローンの場合でも、30分のスピード審査の業者も多く殆どの業者は審査が即日で終了します。

消費者金融会社のおまとめローンの申込手順は従来の対面方式と非対面方式の二通りありますが、パソコンや携帯電話や無人ローン契約機などの非対面方式の申し込みが最近増えています。借入が多くなると総量規制(総量規制対象外のカードローンで借りれなくなります。

モバイルや無人ローン契約機などの非対面方式の場合は、まず専用申込フォームに必要事項を入力して送信します。

送信すると直ぐに仮審査結果がメールで申込者宛に通知されます。

そして仮審査をパスした場合は必要事項が印字された正式な申込書類に署名捺印して、本人確認書類を付けて郵送するかFAXで送信すれば申込の手続は完了します。

また、無人ローン契約機のテレビ画面で申込した場合は、そのまま無人ローン契約機で正式申込書を送って手続は完了です。

そして、無人ローン契約機から申し込んだ場合、その場でローンカードが発行される業者も増えています。

従って、消費者金融会社のおまとめローンは金利は少し高めで、融資限度額も上限500万円程度の業者が多いことは事実ですが、とにかく申し込みから審査結果が出るまでのスピードは銀行や信販会社を上回っています。



信販・クレジット会社のおまとめローンの申込手順も業者によって多少異なっている点もありますが、基本的な流れは銀行や消費者金融会社のおまとめローンの場合と同様です。

只、信販・クレジット会社のおまとめローンのカードは、クレジットカードとローンカードが兼用の場合もありますから、カードの発行に1週間程度の時間が掛かる場合があります。

ある大手信販会社のおまとめローンの申込手順は次の通りです。

まず、オンライン入会フォームに必要事項を入力して送信します。

送信しますと直ぐに指定したメールアドレス宛にローンの申込確認のメールが届きます。

そして、申込確認のメール発信とともに融資の審査が開始されます。

この間、自宅や勤務先に在籍確認の電話が入る場合があります。

そして、審査が終了して審査にパスすると、再度、メールで審査通過の連絡があり必要事項が印字された正式な入会申込書が自宅に郵送されます。

自宅に届いた申込用紙に署名捺印して投函しますと、数日後に自宅にカードが送られてきます。

従って、信販・クレジット会社のおまとめローンの申込手順は銀行のおまとめローンを銀行窓口で申込んだ場合の手順と同じで、カードを手にするまでに多少の時間が掛かることは知っておく必要があります。

只、銀行おまとめローンと殆ど同じ水準の金利と上限金額で融資を受けることができます。

銀行のおまとめローンの申込手順は銀行によって多少違いがありますが、ポイントになるところは同じです。

まず、申込の必要書類は免許証などの本人確認書類と前年の所得を証明する書類ですが、融資希望額が100万円以下の場合は前年の所得を証明する書類が不要の銀行もあります。

只、おまとめローンの殆どの利用者は融資希望額が500万円~1,000万円ですから、前年の所得を証明する書類が必要な人が多い筈です。

そして、申込に当たっては申込書の記入や先方担当者からのヒアリングに対しては、事実を正確に伝えることが大事です。

都合の悪いことを隠そうとすることは返って審査のポイントを下げる結果となります。

また、銀行のおまとめローンの場合は、給与の振込み指定先銀行を利用すると審査も通リ易く優遇金利を利用できる場合があります。

あるネット銀行のおまとめローンの申込手順は、インターネットのホームページのお申込フォームに必要事項を入力することから始まります。

お申込フォームに必要事項を入力すると、受付メールが指定のアドレスに送付されます。

受付メールの送付と同時に審査が開始されます。

審査結果は最短で申込当日にメールで返信されますが、場合によっては2~3日掛かる場合もあります。

審査の過程で勤務先に在籍確認の電話が掛けられます。

その後、審査をパスした方には契約案内の電話が掛けられ、正式な申込書類を提出しローンカードを受け取ります。